容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。
  最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  

セミリタイア225プロジェクト ウイニングクルー

  1. 2011/07/02(土) 14:26:45|
  2. セミリタイア225プロジェクト|
  3. トラックバック(-)|
  4. コメント(-)
セミリタイア225プロジェクト

【完全保存版】 Mr.Hilton セミリタイア225プロジェクト




下記より購入し簡単なレビューを送るだけで最大7700円還元されます!

セミリタイア225プロジェクト






Hilton氏は、とにかく寄付前の準備を重要視しています。
というよりも、「実は、寄付前に勝負は決まっている」とまで言い切ります。



この言葉の意味は、寄付前の準備次第で、当日の値動きが分かってしまうと言う事です。
彼の事前準備とは、主に以下のチェックポイントを確認する事です。









「上記3つの情報の中に、当日の寄付後の値動きを暗示するポイントが隠されている」
と、Hilton氏は言います。



勿論、ここで肝となるのは、これらの情報をどう捉えるか?と言う事。
当然ながら、これらの情報を普通に確認しても意味が御座いません。



ここで詳しく話すことは出来ませんが、彼のトレードを見ていると、
まるであらかじめ値が上がるか下がるかを知っているかの如く、売買を行っています。


セミリタイア225プロジェクト

「このチェックポイントを知っているトレーダーは極めて少ないですね。
わたしもこの事前準備がなければ勝てませんよ。
これを知らずに、“さぁ、トレードしてみろ”と言われても、利益を出す自信は御座いませんね。
わたしにとって事前準備とはそれくらい重要なことです」



わたしは今まで数多くのトレーダーを見てきましたが、
ここまで事前準備を大切にしている人は初めてです。
みなさん、その場その場の値動きを重要にしている人ばかりですから。



だからこそ、相場が大きく動いた時、
例えばサブプライムやリーマンショック等の波乱相場で
大きく利益を出すことが出来ないのでしょう。
利益を出す所か、多くの損失を出してしまう人ばかりです。

セミリタイア225プロジェクト

しかし、Hilton氏はそんなショック相場でも勝ち続けてきました。
何故そんなことが可能なのでしょう。



その理由とは――。





Hilton氏は、7年以上にもわたって勝ち続けています。
つまり、プロの投資家や証券会社でさえ大損害を被った、
予期せぬショック相場でも勝ちつづけることができたわけです。
何故でしょうか。



それについてHilton氏は・・・



「正直に言うと、事前準備によって得た予測とおりに、相場が動かないこともあります。
例えば、サブプライムやリーマンショックみたいな相場です。
こういうイレギュラーが相場に起こると、正攻法では通用致しません。
でもね、日経225先物には『今日は予想とおりにはいかないよ』と言う事を
知らせてくれる秘密のサインがあるんですよ」

FX会社ランキング


Hilton氏によれば、この秘密のサインはFX等の為替では見られないようです。
これは、ある種の「日経225先物だけに見られる独特のクセ」だと言います。



この独特のクセが値動きに見られた時は、
事前準備で予測したとおりに相場が動かないことが多く、
その特性を利用すればどんな時も利益が取れてしまうのです。



利用の仕方は実に簡単です。
例えば、
寄付後にこの独特のクセが見られれば、
事前準備で予測した「売り」と「買い」を逆にしてエントリーするだけ。
それを淡々と実行するだけの非常に単純なロジックです。



Hilton氏のトレードを何度も拝見させていただき、気付いたことがあります。
それはどんなときも“ブレない”と言う事です。



ただただ独自のルールに基づき、トレードを繰り返しているだけなのです。







その一連の流れが、全て決まっているのです。

正直、ここまでルールとおりに淡々とトレードを繰り返す人は余り見たことが御座いません。
誰もが、“臨機応変という自由”に逃げてトレードをしていると思います。
だから、殆どのトレーダーがブレてしまうのですが・・・。



Hilton氏のこの徹底ぶりは、わたしにとってかなり新鮮でした。
まさに、社会情勢に詳しいだけの知識人にはとても真似出来ない斬新なトレードスタイルです。



しかしHilton氏は、まるでそんな知識人たちをあざ笑うかのように、
次々と利益を確定させて行きます。
これは見ているだけで痛快でした。



Hilton氏は自らを、
日経225先物を主戦場にしたトレーダーではなく“職人”と例えています。



ほかの職人がそうであるように、Hilton氏には確かな技術があり、ルーティンを持ち、
「自分で決めた事柄」を守り続けているのです。

「仲島さん、これはトレード法では御座いませんよ。“職人技”なんです(笑)」



何て、Hilton氏は少しおどけながら言っていましたが、
いやいや確かにそこにはしっかりとした“職人としての技術”があるのです。

Mr.Hilton セミリタイア225プロジェクト

【完全保存版】 Mr.Hilton セミリタイア225プロジェクト

さて、ここまで「事前準備」と「独特のクセ」についてお話してきましたが、
これらが交わることでどんな化学反応が起こるのか?



次はそれについてお話しましょう。





ここまでの話でお分かりのように、Hilton氏のトレードは極めてシンプルです。
繰り返しますが、彼のトレードルールは以下のとおりです。







これによりどういった効果が得られるのかというと・・・
「利益の場合は60%、損失の場合は20%」というトレードが実現します。



では、もっと具体的な例を出して説明しましょう。




Wリッチ225

バイナリーオプション大戦略

Aegis225

マジックキャッシュバイナリー




極論、これなら勝ちと負けが1対1、つまり勝率50%でも十分に利益が出る構造です。
よって、完全に損小利大だと言えますね。



しかも、このトレードルールが凄い所は、この“損小利大”だけでは無いんです。
Hilton氏は更に工夫を加え、なんとここ4年間で勝率80%を実現しています。









貴方は、これを100回繰り返したとき、一体どんな収支になるか分かりますか?



◆10万円が16万円になるのは、100回のうち80回。
⇒つまり総利益は480万円。(6万円×80回)
◆10万円が8万円になるのは、100回のうち20回。
⇒つまり総損失は40万円。(2万円×20回)


収支は、+440万円(480万円-40万円)



いかがでしょうか。
これなら、確実に勝てると思いませんか?
理論上は、負けようがない完璧なロジックなのです。



これこそがHilton氏の「事前準備」と「独特のクセ」が起こす化学反応であり、
7年間勝ち続けている理由です。



では、このパフォーマンスを実現させるためのトレードタイミングとはどんなときなのでしょう?



勘の良い方なら既にお気づきかもしれませんが、更に具体的に解説して行きます。


DTIブログって?